富良野のラベンダー畑はどの季節が見頃?【2018年版】|沖縄/那覇発、北海道ホテルパック|沖縄ツーリスト

e-Stay沖縄/那覇発北海道旅行北海道観光コラム一覧>富良野のラベンダー畑はどの季節が見頃?【2018年版】

富良野のラベンダー畑はどの季節が見頃?【2018年版】

2018.09.04更新

記事イメージ

  • 富良野・美瑛
  • ラベンダー畑
  • 人気

北海道旅行といえば雄大な景色を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。まるで絵葉書のように美しい富良野のラベンダー畑の風景も、北海道を代表する素晴らしい観光スポットです。今回は富良野のラベンダーの見どころや2018年の見頃、楽しめるグルメやお土産について紹介します。

富良野のラベンダー畑はどんなところ?

コラム記事イメージ1

幻想的な紫色のじゅうたんが視界一面を覆うように広がるラベンダー畑は、一生に一度は見てみたい景色として人気があります。「花人街道」と呼ばれる国道237号線沿いにはいくつものファームが集中しており、個性あふれるラベンダー畑を楽しめるのが魅力です。ファームによっては、ラベンダーだけでなく季節の花々を植えているところがあるので、ラベンダーとのコラボレーションを楽しめます。
代表的なファームは、富良野ラベンダーの発祥である「ファーム富田」です。紫一色のラベンダー畑はもちろん、デッキから360度ラベンダー畑を見渡せる国内最大級のラベンダーイーストもあります。「かんのファーム」は、ラベンダーと数十種類の花々が栽培されており、売店ではポプリやドライフラワーなどを購入できます。映画やCMのロケ地として有名な「彩香の里」は、斜面を利用した花のじゅうたんが見られるのが特徴です。運が良ければ期間限定で行われているラベンダーウエディングを見ることができるかもしれません。
富良野へのアクセスはレンタカー、日帰りのバスツアー、富良野ラベンダーエクスプレスや高速バスを利用するなどの方法があります。レンタカーで札幌方面から富良野へアクセスする場合は三笠ICから道道116号線、国道452号線、道道135号線を経由して富良野へ向かいます。
周辺には観光スポットがたくさんあるのでラベンダー鑑賞とともに楽しむのも良いでしょう。「五郎の石の家」など北の国からのロケ地巡りにくわえ、約2万株、450品種以上の花々を鑑賞できる「風のガーデン」などのスポットがあります。

ファーム富田の詳細
住所:北海道空知郡中富良野町基線北15号
アクセス:新千歳空港から車で約150分

新富良野プリンスホテル

ファーム富田近くのホテルはこちら

新富良野プリンスホテル

  • 住所:北海道富良野市中御料
  • アクセス:旭川空港から車で約1時間
  • CHECK IN/OUT:15:00/12:00

このホテルに泊まるプランを見る

ラベンダー畑の見どころシーズンはいつ?

コラム記事イメージ3

富良野のラベンダーの見頃は、7月上旬から下旬とされています。早咲きと遅咲きがあり、早咲きは6月中旬から咲きはじめ、7月上旬に見頃を迎えます。遅咲きラベンダーは7月上旬から咲き出し、満開となるのは7月中旬と7月下旬の間です。ラベンダー祭りも、このシーズンに行われています。早咲きラベンダーは「濃紫3号」や「ようてい」、遅咲きラベンダーはたいていのファームで見られる「おかむらさき」や「はなもいわ」などです。
2018年も例年通り、7月中旬には早咲きと遅咲きのラベンダーがともに開花し、7月下旬頃まで見頃となりました。

ラベンダー畑で楽しめる食べ物について

コラム記事イメージ3

富良野のラベンダーの見頃は、7月上旬から下旬とされています。早咲きと遅咲きがあり、早咲きは6月中旬から咲きはじめ、7月上旬に見頃を迎えます。遅咲きラベンダーは7月上旬から咲き出し、満開となるのは7月中旬と7月下旬の間です。ラベンダー祭りも、このシーズンに行われています。早咲きラベンダーは「濃紫3号」や「ようてい」、遅咲きラベンダーはたいていのファームで見られる「おかむらさき」や「はなもいわ」などです。
2018年も例年通り、7月中旬には早咲きと遅咲きのラベンダーがともに開花し、7月下旬頃まで見頃となりました。

富良野・美瑛ホテルをさらに詳しく調べる

Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.