函館の天気(雪や気温)の特徴は?|沖縄/那覇発、北海道ホテルパック|沖縄ツーリスト

e-Stay沖縄/那覇発北海道旅行北海道観光コラム一覧>函館の天気(雪や気温)の特徴は?

函館の天気(雪や気温)の特徴は?

2018.04.16更新

記事イメージ

  • 函館
  • 天気
  • 気温

函館は、グルメや景色を満喫できる人気の観光スポットです。旅行の計画を立てているときは、ワクワクと楽しい気持ちで胸が弾みますが、気温や積雪状況によって予定が変わってしまうこともあります。天気に左右されることなく旅行を楽しむためには、事前に周辺エリアの情報を集めておくとよいでしょう。そこで、今回は函館の平均気温や雨・雪の日も晴れの日も楽しめるおすすめの観光スポットについて紹介します。

気温はどのぐらい?雪の状況は?函館の気候まとめ

コラム記事イメージ1

函館は、四季折々の景色を満喫できる人気の観光エリアです。冬は銀世界、夏は緑豊かな自然を満喫できるので、オールシーズンで旅行を楽しむことができます。7〜9月は平均気温が20℃前後と温かく、12〜3月の間は0℃を下回ることもあります。それ以外の時期は5〜15℃前後と、季節によって気温差があるのが特徴です。
雪が多い北海道ですが、函館は降水量が少なく比較的温暖な地域であるといえるでしょう。1〜3月は最も積雪が多い時期で、積雪の平均値は30〜40cmほどになることもあります。降り積もった雪が解けずにそのまま残ることが多く、ウィンターシーズンは銀世界に包まれた函館を楽しむことができます。冬に訪れる際は、寒さ対策としてダウンジャケットやマフラーなど暖かい服装をしていきましょう。

天気が良い日に行きたい函館スポット「函館山」、「五稜郭タワー」、「ベイエリア」

コラム記事イメージ2

函館が一望できる「函館山」は、日中はもちろん夜景を楽しむにも最高のロケーションです。山頂へ向かうルートは、マイカーや観光バスのほかにもロープウェイを利用することができます。冬季通行止めや観光シーズンの通行規制も考えられるので、アクセス方法は事前にリサーチしておきましょう。
「五稜郭タワー」は、国の特別史跡である五稜郭を眺望できる人気スポットです。五稜郭の星形を眺めたりガラス張りのアトリウムでイベントを楽しんだり、思い思いの過ごし方をすることができます。天気がいい日には、展望スペースから市内を一望してみてはいかがでしょうか。
「ベイエリア」では、ご当地グルメを堪能できるお店やレトロな雰囲気が魅力の函館市電などを楽しむことができます。周辺を散策しながらお気に入りのショップを見つけたり、函館ならではのグルメやお土産を探したりするのもおすすめです。元町やロープウェイ山麓駅も経由する周遊バスを利用できます。

雨や雪でも楽しめる函館スポット「朝市」、「金森赤レンガ倉庫」、「六花亭」

コラム記事イメージ3

「朝市」は、雨の日でもたくさんの人が足を運ぶ人気スポットです。函館駅から徒歩5分以内で行けるアクセスの良さも人気を集めています。およそ280店舗が鮮魚や干物など美味しい食材を豊富に取り扱っているのが魅力です。
「金森赤レンガ倉庫」では、異国感漂う複合施設の外観や内装を楽しむことができます。雪化粧された外観も風情があり、絶景スポットとしても有名です。また、地ビールが飲めるビアホールやお土産を購入するのにおすすめのショッピングモールも併設されているのが特徴です。
北海道スイーツとして有名な「六花亭」は、函館に直営店を構えています。美味しいスイーツをお土産に選んだり併設された喫茶室でティータイムを満喫したり、天候を気にすることなく北海道の魅力を満喫することができると人気です。

函館 」の関連記事をもっと!

Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.