札幌の天気(雪や気温)の特徴は?|沖縄/那覇発、北海道ホテルパック|沖縄ツーリスト

e-Stay沖縄/那覇発北海道旅行北海道観光コラム一覧>札幌の天気(雪や気温)の特徴は?

札幌の天気(雪や気温)の特徴は?

2018.03.07更新

記事イメージ

  • 札幌
  • 天気
  • 気温

札幌旅行にいくなら、やはり気になるのは札幌の天気・気候でしょう。北海道は本州と違い亜寒帯に属するため、年間を通して気温が低く、冬になると降雪・積雪が多く見られる一方で夏は涼しく過ごしやすい気候となっています。今回は季節や天候ごとに変わる見どころやおすすめスポットをご紹介いたします。

気温はどのぐらい?雪の状況は?札幌の気候まとめ

コラム記事イメージ1

ゆっくりと春が訪れる札幌の3〜4月は、平均気温10℃以下のまだ肌寒さも感じる季節です。少し厚手のカーディガンやジャケットを持参すると安心でしょう。5月に向けて徐々に暖かくなり、ゴールデンウィーク前後に桜の見ごろを迎えます。梅雨がないため初夏でも爽やかな日が多いですが、真夏も朝晩は冷え込むことがあるため温度調節のできる服装が便利です。台風が直撃することは少ないですが、その影響を受けて雨風が強くなることはあるので、屋内の観光スポットもチェックしておくと良いでしょう。また、道外からの観光客にとって一番戸惑うのは、冬の天気や気温かもしれません。日中に気温が上がると雪が溶けて道路がビチャビチャになり、その水が氷点下となる深夜に凍って翌朝は道路がつるつるになることもあります。コートや防水の滑りにくいシューズ、手袋などをしっかり身に着けて、札幌旅行ならではの冬を堪能してください。

天気良ければぜひ行きたい札幌スポット

コラム記事イメージ2

札幌の中心部に約1.5Km続く「大通公園」は、天気が良い日の札幌観光にぴったりのスポットです。市民の憩いの場として子どもからお年寄りまで訪れるだけでなく、季節ごとにさまざまなイベントも行われます。初夏の「ライラックまつり」や「YOSAKOIソーラン祭り」のほか、道内のおいしいものが集まる「さっぽろオータムフェスト」も毎年大人気です。冬は白い雪と明かりのコントラストが美しい「ホワイトイルミネーション」や「さっぽろ雪まつり」など、四季を通じて楽しむことができます。また4月下旬から10月上旬にかけては名物「とうきびワゴン」も登場するため、ぜひ大地の恵みを味わってみてください。大通公園東端にある「さっぽろテレビ塔」には、札幌市内を一望できる展望台もあります。都会と自然が融合した札幌の景色を堪能するのにはうってつけの場所です。

札幌プリンスホテルタワー

大通公園近くのホテルはこちら

札幌プリンスホテルタワー

  • 住所:海道札幌市中央区北5条西5丁目
  • アクセス:地下鉄東西線 西11丁目駅から徒歩約3分
  • CHECK IN/OUT:14:00/11:00

このホテルに泊まるプランを見る

雨や雪でも行ける札幌スポット

コラム記事イメージ3

運悪く雨や雪が降ってしまっても、がっかりする必要はありません。札幌には悪天候でも快適に観光・移動ができる「地下歩行空間(チ・カ・ホ)」があります。札幌の玄関口「JR札幌駅」と「地下鉄さっぽろ駅」から「大通駅」までを結ぶ地下歩行空間は、単なる移動手段としてだけでなく、イベントを行う会場としても機能しています。ハンドメイド作家の作品販売や古本市、芸術作品の個展など、その日によって行われるイベントは多種多様です。地下でつながる周辺の百貨店や駅ビルなどへも雨や雪に当たることなく行けるため、移動のついでに寄り道するのも楽しいでしょう。途中には公共トイレやファストフード店・カフェなどもあるため、長時間飽きずに楽しむことができます。悪天候のおかげで、逆に新しい出会いもあるかもしれません。

札幌グランドホテル

「地下歩道空間(チ・カ・ホ)」近くのホテルはこちら

札幌グランドホテル

  • 住所:札幌市中央区北1条西4丁目
  • アクセス:JR札幌駅から徒歩約10分(地下歩道空間直結)
  • CHECK IN/OUT:15:00/11:00

このホテルに泊まるプランを見る

札幌市内ホテルをさらに詳しく調べる

札幌 」の関連記事をもっと!

記事一覧を見る

Copyright (C) OKINAWA TOURIST SERVICE All Rights Reserved.